エッグサポートの使い方で大事なこととは?

エッグサポートの基本的な使い方はとてもシンプル。でも、いざ使う段になって「あれ、こんな使い方でよかったんだっけ?」と不安になることって多いですよね。エッグサポートの細かな使い方の悩みや、妊娠率をさらにアップさせるコツなどを解説。

エッグサポートの使い方で大事なこと3つ

エッグサポートの使い方のコツ

エッグサポート(妊活用潤滑ゼリー)はどのように使えば効果的なのでしょうか? 公式サイトに書かれていない情報も合わせてお伝えします。

まずは基本の使い方から

1箱5本入りで、1回の使用ごとに衛生的に使えるように、1本ずつ袋に入って個包装されています。

使い方はシンプルで、とっても簡単。

①個包装された容器を内袋から取り出す。

②先端のキャップを取り外す。

③膣内に容器を半分ほど挿入し、ピストンを押しゼリーをすべて押し出す。

タンポンの形状に似ているので、タンポンを使ったことのある方なら、よりスムーズに使えそうです。妊活は二人で協力してするものですし、パートナーの男性にお願いして入れてもらってもいいかもしれませんね。

では、使い方のコツを3つ見ていきましょう。

使い方のコツ①全量を使いきる

エッグサポートを使うときに注意して欲しいのは、1回で全量を使い切ることです。大容量なので1回分の内容量が多く感じられるかもしれませんが、自己判断で減らしたり、逆に増やしたりはしないでくださいね。

特に、2本使えば妊娠率が上がるのではと思う人が多いようですが、必要以上に使えば妊娠率が上がるというものでもありません。1回の仲良しで2本使うなどの自己判断は、もったいないうえに漏れてくる原因にもなるのでやめましょう。

1回の内容量は妊娠しやすい最適な分量(4.5ml)を考えて作られていますので、1回1本でじゅうぶんな効果が得られます。容量の多さは、他社製品と比べて、エッグサポートの最大の特徴でもあります。

使い方のコツ②使用期限を守る

使用期限(購入から2年)を過ぎて使うのは、衛生面や安全面で良くないので絶対にやめましょう。「妊娠成功したから、次の子のために取っておこう」という考えはNGです。公式通販ショップから購入すれば、返金キャンペーンが適用されますので、この制度をかしこく使ってキャッシュバックを受けてくださいね。そうすれば、1本も無駄なく使いきることができますよ。

使い方のコツ③仲良しの回数に合わせて使う

「使ったばっかりだから、大丈夫だよね」という判断は、妊娠率アップにつながりません。1日2回仲良しをするなら、2回とも使う。連日仲良しをするなら、そのたびに使う。つまり、仲良しの回数に合わせて1本ずつ使えばいいと、シンプルに覚えておいてください。

・1回で1本を使い切ること
・使用期限を守ること
・仲良しの回数に合わせて使うこと

この3点にさえ気を付ければ、エッグサポートを使ううえで難しいことはなにもありません。

使い方が簡単なので、雰囲気を壊さず使えるのは嬉しいですね。


>>エッグサポートの詳細を見てみる
 

効果を高めるための大事なポイントとは

エッグサポートを使うなら、より効果的な使い方をしたいですよね。そこで、大事なポイントを3つにまとめました。

ポイント①排卵日を狙うこと

まず、一番たいせつなことは、排卵日前後を狙うことです。排卵のない日にエッグサポートを使っても、精子のむかう先に卵子がいないのでは意味がありませんよね。基礎体温をつけたり、排卵検査薬などで排卵日をしらべて、排卵にあわせて使うようにしましょう。

ポイント②使用するタイミング

使用するタイミングですが、性行為の直前が望ましいようです。「ゼリーが流れ出てしまいそうだし射精の直前の方がいいのでは?」と思われる方もいるかもしれませんが、研究をもとに粘度が調整されているので、ゼリーが流れ出てしまう心配はないようですよ。

ポイント③妊娠しやすいカラダ作り

妊活をするうえで、普段の食生活や睡眠はとっても大切です。毎日の食事に気をつけたり、しっかりと休息をとり、できるだけストレのない生活を過ごすなど、エッグサポートの使用とあわせて妊娠しやすいカラダ作りもしていきましょうね。

エッグサポートは自然な妊娠をサポートしてくれる潤滑ゼリーです。妊活をはじめたばかりの方でも、この3つのポイントを参考にチャレンジしてみてくださいね!



>>エッグサポートの詳細を見てみる

 

副作用などの危険性はないの?

エッグサポートは開発から製造まですべて国内でおこなわれている、純国産の妊活サポートゼリーです。原材料はもちろんのこと、本体の容器や箱も国産という徹底ぶりなので、安心感がありますよね。

しかも手術室なみのクリーンルームでの製造とのことで、製造段階の安全性も疑いの余地なしです。

とはいえ、デリケートな部分に使うものなので、女性のカラダや産まれてくる赤ちゃんへの影響がないのか危険性が気になりますよね。

結論からいうと、これまでに副作用などがあったという報告はないようです。

エッグサポートの成分はすべて自然由来のもので、敏感肌の方でも安心して使えますし、口に入れても平気なくらい安全。

ごく少量(1%未満)の防腐剤が含まれていますが、目薬や食品にも使われている危険性の低いものなので、人体への悪影響はありません。日本の製造基準の安全テストをクリアし、アメリカやヨーロッパの製造基準も参考にしているので、安心ですね。

このあたりは、エッグサポートを販売している会社が既に多数の販売実績を持つ、産み分けに特化した潤滑ゼリー・ベイビーサポートも同じです。

ベイビーサポートの口コミでもよく言われている通り、こちらの製造会社は妊活ゼリーの安全性にかなり力を入れていることで有名です。

エッグサポートの公式通販サイトでは、全成分も公開されているようなので、アレルギーなどが気になる方は購入前にチェックしてみてくださいね。

エッグサポートは副作用などの危険性もなく、とても安全な商品であることが分かりました。ただでさえ不安な妊活で、安心・安全な商品であることは、とてもたいせつです。使い方も簡単なので、ストレスなく使えます。

あなたもエッグサポートで楽しい妊活をはじめませんか?


>>エッグサポートの詳細を見てみる(限定キャンペーン実施中)

また、エッグサポートのクーポンがあるかどうかを見てみましたが、残念ながらクーポン配布はないようでした。

姉妹品のベイビーサポートクーポンも存在しないのと同様で、エッグサポートのクーポンもないみたいです。

やはり、妊活するにあたっては、安心な公式サイトからの購入が望ましいでしょう。

 

子供を授かりたいと…。

恒常的に時間がないために、葉酸が盛りだくさんに包含されている緑黄色野菜などを、しっかりと摂るというチャンスがほとんどなくなった方には、葉酸サプリがおすすめだと思います。飲用方法を順守し、丈夫な体を手に入れて下さい。
偏食や生活の乱れが原因で、ホルモンバランスが狂って、生理不順に陥っている人は多くいるのです。取り敢えず、計画性のある生活と栄養バランスを考えた食事を摂るようにして、様子を見ることが重要です。
生活サイクルを正常に戻すだけでも、思いのほか冷え性改善効果が望めますが、もし症状が治らない場合は、産婦人科を訪ねることを推奨したいです。
マカサプリさえ飲用すれば、もれなく効果が望めるなどとは考えないでください。ひとりひとり不妊の原因は違うものですから、必ず医者に行くことが必要でしょう。
妊娠できない要因が、受精じゃなくて排卵に問題があるということも言えなくはないので、排卵日当日に性的関係を持ったというご夫婦でも、妊娠しないことは考えられます。

不妊症をなくしたいなら、何よりも冷え性改善を目指して、血液循環が円滑な身体作りに取り組み、身体全体の機能をレベルアップするということが基本となると断言します。
子供を授かりたいと、不妊治療といった“妊活”に熱を入れる女性が増えてきました。しかしながら、その不妊治療で好結果が出る可能性は、結構低いのが本当のところです。
将来的にママになりたいなら、冷え性改善は今すぐにでも実現したい要件!この冷え性を直すのに、実効性のある栄養素があるのをご存じでしたでしょうか?それが「葉酸」なのです。
マカサプリと言いますと、身体のあらゆる部位における代謝活動を推し進める働きがあるとされているのに、女性のホルモンバランスには、99パーセント影響を齎すことがないという、魅力的なサプリだと思われます。
「不妊治療に通院しているのに、赤ちゃんを授かれない」、「友達は出産して子育て真っ最中だというのに、どうしてわたしだけ?」そんな辛い思いをした女性は多数いらっしゃると思います。

妊娠を目指して、心と体の状態とか毎日の生活を改善するなど、本気を出して活動をすることを表わす「妊活」は、著名女優が現におこなったことで、一般大衆にも拡散しました。
あとで泣きを見ないように、将来的に妊娠したいという希望があるなら、少しでも早く手を打っておくとか、妊娠するためのパワーを上向かせるのに効果的なことに取り組む。この様な意識が、現代の夫婦には必要不可欠なのです。
食事時に、葉酸サプリを体に取り入れることにしたら、不妊治療との協働作用を望むことができますので、葉酸を毎日摂るようにして、落ち着きを取り戻した暮らしをしてはいかがですか?
値の張る妊活サプリで、気になっているものもあるのは当然ですが、分不相応なものを買い求めてしまうと、定常的に摂り続けることが、コストの面でも辛くなってしまうと考えます。
不妊症のご夫婦が増えているそうです。調べてみますと、夫婦の15%程度が不妊症だと指摘されており、そのわけは晩婚化によるものだと言われます。